これができれば、セミナーは半分成功したも同然♪

先日、とあるセミナーに参加いたしました。

…が、そこで大変残念なことが! 

参加している方々が、明らかに「飽きている」!
セミナーはまだ始まったばかりなのに!!

皆さんは、セミナーを開催される場合、何に気をつけるでしょうか。

集客?パワーポイントの準備?アンケート?それともゲストスピーカーを誰にするかでしょうか?

有名な方をゲストスピーカーとして呼べるようなセミナーであれば集客もそんなに苦労しないでしょうし、話の内容もきっと面白く、参加者が飽きるようなことはないでしょう。

でも皆さんが担当するのは有名なゲストスピーカーなんていない、入場無料の「製品紹介」がメインのセミナーがほとんどかと思います。

そのセミナーを「飽きさせない」ためには、どうしたら良いのか…?

ズバリ、その答えは「スピーカーが大きな声でハッキリ喋る」です!

たったこれだけで、参加者は飽きずにセミナーに参加するようになります。

私が先日参加したセミナーも、まさにぼそぼそ喋る人がスピーカーだったのです!

「では、マイクを使えばいいんじゃない?」と思う方もいるかと思いますが、それは違います。

なぜなら、ぼそぼそ喋る人は、マイクがあるともっとぼそぼそ喋るからです!!

これをやられると、セミナーは苦行の時間と化してしまいます。

「とにかく早く終わって欲しい」「この空間から開放されたい」「なぜ私は申し込んでしまったのだろう」・・・もう、セミナーの内容なんてどうでも良くなります。

そうなったら、そのセミナーは失敗です。

セミナーは内容も大事です。パワーポイントの準備も大事です。

でもスピーカーがどう喋るかは、もっともっと大事なことなのです。

「スピーカーが大きな声ではっきり喋ることができれば、セミナーは半分成功したも同然」

これは簡単そうで、実は一番難しいことなのかも知れません。